コンセプト

多摩ニュータウン発祥の地が新しく生まれ変わり、全7棟・1249家族が暮らす街へ

「Brillia多摩ニュータウン」と命名されたこの街のコンセプトは、街の資産を「継承」しながら、次世代の街づくりに向けて「創造」をすること。
そして、その「創造」の柱となるのが、「共生=コミュニティ」「永続=サスティナブル」「環境=エコ」という3つの考え方。

東京最大の敷地※に、全7棟・1249家族もの人々が暮らす日本最大の建替えプロジェクトとして誕生した、「Brillia多摩ニュータウン」。

かつてないスケールの「これからの街」がここにある。

小高い丘の上。この街では、ありのままの自然と触れ合え、緑がより身近に感じられる

「諏訪の丘」街区と、「諏訪の森」街区。伸びやかな空と豊かな緑が、この街のシンボルに。

丘の上のなかでも、ひときわ小高い丘状になっているため、より開放感に優れ、伸びやかな眺望も楽しめる「諏訪の丘」街区。
コミュニティカフェなど、日常の暮らしに便利な共用施設が集まっている。

また、「諏訪の森」街区は住民の方々によって、大切に育てられてきた保存樹が豊かに茂る。
ゆったりと枝葉を伸ばした木々や水景が美しい麗しの庭や花の庭は、さまざまな表情を見せるこの街の美しい景色のひとつとなっている。

  • ゆとりの住棟間隔

    広い敷地だからできたゆとりの住棟間隔、多くの住戸が「南向き」。

※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。
※掲載写真は竣工時に撮影したものになります。
※1993年以降発売の民間分譲マンションにおいて、敷地面積が東京都最大となります(平成23年8月時点。MRC調べ)。